スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

んー

  • 2012/07/02(月) 18:56:25

 昨日のこと書いとこうと思うんだ(´・ω・`)
何で僕が落ちたのか…

 ある人は察してくれているようで有難いんですが、分かりそうもない人がいるので、ここを使って書いとくね。

 昨日の内戦でのことでしたが、3-4で負けてたんだよね僕らのチームがさ。
相手には、おpやつっくんなんかがいて正直簡単にはいかないと思ってたんだ。

 それに、メンツ見たときに、先日に内戦殲滅で調子悪かった人や、最近AVA自体調子悪い人がチームだったから、どうしても勝ちたかった。
 少しでも〝勝つ〟ってことの喜びなんかを感じて欲しかったし、自信にも繋がると思って、張り切って取り組もうと思った。

 とにかく心がけたことは〝取れるラウンドは取ること〟で、最後までそれを頭に入れてやってた。
みんなも頑張ってくれて連続キルを取ってくれたり、出て欲しいタイミングで出てキルをとってチャンスを作ってくれてた。
それが僕は嬉しくて、それ以上に頑張りたいと思った。

 でも、8ラウンド目に残念なことがあった。
状況は…
●ステはSDで攻め
●3-2で人数差では勝ってた
●敵はAR1・SR1
●敵の位置はARが2中、SRが1前の地下通路辺り
●僕らのチームは1寄りになってた

 そこからSRを狙っていった。
ちょっとタイミングが悪かったのか同時にとはいかなかったものの、SRは倒せた。
SRを倒した時点でお互い人数は1-1で時間がなかったため、SR倒した直後にC4設置に入った(ちなみにこっちの1人は僕)。

 設置位置からして金網越しに見える位置までいきたかったけれど、上からは無防備になるし、地下通路と2方向を見なければならないこともあって、ドラム缶の裏に隠れた。

 音を聞くのに必死だった。〝勝てるラウンド〟だと思っていたから余計に緊張した。
むしろ、このラウンドを取って繋いで、次のラウンドで勝って、みんなを勝たせたかった。

 左方からジャンプ音が聞こえ、高いところから落ちた音も聞こえた。
落ちたときの音が〝金属音だった〟ことも聞こえてたのに、僕は〝敵は設置位置にいると〟思った。

 でも、敵はドラム缶の上に落ち、言えば僕の真上辺りにいたことになる。
その直後、敵は僕の視点から見て真右に落ち、横から撃ち、僕を倒してC4解除…となった。

 僕は凄く申し訳ない気持ちでいっぱいだった。
みんなと築いてきたラウンド数を無駄にし、5-3で〝負け〟としてしまったから。

 そんな気持ちで、ふとチャットを見ると〝w〟が並んでいて凄く辛かった。
僕なりに普段から、ラウンドを取れなくても、チームのモチベーションを下げないようにしてたと思う。
そんなときだからこそ声を出すようにしていた。

 でも、そのときのチャットには草しかなく、しかも自分のチームの人のチャットだったことがキツかった。
敵であれば、勝てたことは嬉しいから歓喜してもイイと思うけど、まさかチームの人に笑われるとは思わなかった。

 何を思ってやった試合だったのか思い出す度に苛立ち、口調を抑えるのに必死だった。

 今、その人たちに聞きたいことがある。
僕の立ち回り(特に最後の判断)について言いたいことがあるなら言って欲しい。
〝そんな立ち回りだから死んだんだww〟と思ったのなら言って欲しい。

 それ以外でも何かあるのなら、教えてください。

 それと最近、挨拶してなかったりするのを見掛けます。
僕も忘れることがありますが、そこんところをちゃんとやっていかないとダメですね。
前に、ことえたんと話したけど、内戦のとき〝GJ〟なり〝NF〟なり言って盛り上げていきたいよね。
VCの有無に関係なくできることだから、賛同できるのならやっていこう!!

 そんなところかな??

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 投稿者: -
  • 2012/07/05(木) 01:16:19
  • [編集]

れんきゅん(´;ω;`)

お久し振りです!!そして連絡見た瞬間泣くかと思いました…
原因のことですが、少しずつでも良い方向に進んでいるのなら、安心しました。

あのとき、れんきゅんがクランを脱退し、スカからもいなくなってたとき、僕は不思議と嫌な気持ちにはなりませんでした。
というのも、れんきゅんの人間性というものに一切の疑いもなかったからです。

もし、あのとき、僕に返答していたら、せっかくの決意が揺らいでしまうのでは…と僕自身思っていましたし、それがコンタクトを消す程のものだったことを知り、れんきゅん自身、相当辛い決断だったかと思います。

僕らのSylhetは、今でもれんきゅんを待っていることをここに書いておくとともに、繋がりが途絶えなかったことを心底喜んでいます。

まだ先の話になるのかは分からないですが、また戻ってきてくれることを祈っています!!

  • 投稿者: Xin.
  • 2012/07/05(木) 22:53:56
  • [編集]

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。